島らっきょうのおいしい食べ方!島らっきょうチャンプルー

島らっきょう 昔ながらの沖縄料理レシピ

島らっきょうチャンプルーのレシピ・作り方

島らっきょう

調理時間:20分以下

はいさ~い♪この記事では、島らっきょうチャンプルーのレシピと作り方を紹介します。

春先から夏場にかけて旬を迎える島らっきょうは、独特の辛みと刺激的な香り、そしてシャッキリとした食感が魅力の沖縄野菜です。

生のまま塩漬けにして食べられることも多い島らっきょうですが、島らっきょうは玉ねぎ同様、加熱するとマイルドな味に変化し、子供でも食べられるほど辛みが穏やかになります。

シャキッとした食感はそのままに、豚バラ肉のコクとうまみ、お豆腐の柔らかさとの対比を感じるおいしい「島らっきょうチャンプルー」を、ぜひお楽しみください。

島らっきょうチャンプルーの材料(2人分)

  • 島らっきょう・・・100g
  • 木綿豆腐・・・300g
  • 豚バラ肉スライス・・・100g
  • 酒・・・大さじ1(だいたいで大丈夫です)
  • 醤油・・・小さじ1/2
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 黒こしょう・・・少々(3ふりくらい)
  • サラダ油・・・大さじ1/2

島らっきょうチャンプルーの作り方

下ごしらえ

  1. 島らっきょう(100g)は、水を張ったボウルの中で洗い、薄皮を剥く。島らっきょう
  2. 島らっきょうの根と葉を切り落とし、包丁で縦割りにする。島らっきょう
  3. 木綿豆腐(300g)は3cm角に切り、豚バラ肉(100g)は4cmほどの長さに切り揃える。

作り方

1.フライパンを熱してサラダ油(大さじ1/2)をなじませ、木綿豆腐を焼いて取り出す。島らっきょう

2.豚バラ肉を焼く。島らっきょう

3.豚バラ肉が8割ほど焼けたら、島らっきょうを加えて炒め合わせる。島らっきょう

4.焼いた豆腐をフライパンに戻す。島らっきょう

5.酒(大さじ1)を加えて香りを立たせ、塩(小さじ1/2)と黒こしょう(3ふり)、醤油(小さじ1/2)で調味し、ざっと混ぜ合わせる。島らっきょう

皿に盛り付け、熱々のうちにどうぞ♪島らっきょう

おいしく作るポイント!
1.おいしいチャンプルーのポイントは、シャキッとした野菜の食感と香ばしい風味です。それを実現するために、高温・短時間で炒めましょう。
2.塩加減はお好みに合わせても大丈夫です。外で汗をかいて働いたあとなら塩は強めがおいしく感じ、室内で静かに過ごしていたなら塩は弱めがおいしく感じるでしょう。
3.上記のレシピでは使っていませんが、お好みにより、仕上げに花かつお(薄削りの鰹節)を振りかけるとより一層風味が豊かになり、おいしく召し上がれます。

コメント

  1. パティシエヒデ より:

    島らっきょう、うわぁぁん

タイトルとURLをコピーしました