メスティンのレビュー!スケーターのアルミメスティンを1年間使ってみました。

メスティン 沖縄あるある&コラム
メスティン

弁当箱なんて、なんでもいいと思っていた。

僕は毎朝、自分で弁当を作って職場に持って行くのですが、弁当箱なんてマジでどうでもいいと思っていました。

おかずを詰められればなんでもいい。容器なんて。みたいなそんな感じでした笑

この記事で紹介するスケーター社のメスティンは、1年前にたまたまホームセンターで見つけ、一目惚れして購入し、普段はお弁当箱として使っていますが、

それ以前は妻が買ってきたプラスチックの弁当箱やダイソ○ (←伏せ字にする場所のクセ!)のタッパーなど、

半透明の透け透けシースルー弁当でもマジでどうでも良く、

家にあるものを適当に使っているだけで、なんのこだわりもありませんでした。

そんな中、たまたまホームセンターで見つけたのがこれ!

スケーター メスティン850ml LIVE IN NATURE AFTM8-A

メスティン

カッコよっ!!

これ格好よくないですか? アルミ製なんです!そして何よりも中が透けないっ!!←そこかよ

確かに僕は、この時はまだ弁当箱なんてどうでも良かったんですけど、

このメスティンを見つけて一度手に取り、裏を見、値段を見、もう一度全体を見、いったん置き、また手に持って見、また置き、いったん去り、遠くから見、そのあとまた戻ってきて手に持った時にはもう、これを妻に買ってもらうための口実を探していましたww

値段が高くもないので普通にすんなり買ってくれましたが、使っていくうちにいろんな魅力に気づきました。

メスティンを実際に使ってみて気づいた事。

メスティンを1年間お弁当箱として使ってみて気づいた事をまとめてみます。

メスティンの魅力1 「デザイン」

一目惚れして買ったので当然と言えば当然ですが、デザインがめっちゃイイんですよこれ!

かっこよっ!! ←2回目

メスティン
蓋を開ける前のメスティン弁当
メスティン
蓋を開けて真上から見たメスティン弁当
メスティン
斜めから見たメスティン弁当
メスティン
マヨくねくねメスティン弁当←メスティン関係ない

僕は普段メスティンを弁当箱として使っていますが、

メスティンというのはアウトドア用品なので、ワイルドな印象がありながらナチュラルな雰囲気もあり、

カラーは僕が持っているシルバー(黒っぽいけど)のほかにレッド、グリーン、イエローと4種類、サイズは600ml、850ml、1000mlと3種類あります。

僕は850mlを使っていますが、成人男性や中・高生男子にはちょうど良いと思います。

女性に850mlのお弁当箱は少し大きいかもですが、サラダ野菜たっぷりの弁当とかならアリかも♩600mlもあるので、自分に合ったサイズの物を選べるという点も良いですよね。

そしてもしアウトドアでも使いたいのであれば、サイズはその点も考慮すると良いと思います◎

あと、作りがシンプルで丈夫なので、扱いが少し荒くなっちゃうヤンチャ⤴なガテン系の仕事をしている方※僕もじつは工事現場作業経験アリ(照)や、食べ盛りの中学生・高校生男子にもピッタリです! 

蓋も全てアルミ製なのでマジで壊れる気がしないです笑

気になる方は覗いてみてね⬇

スケーター メスティン シーズニング不要 飯盒 飯ごう アウトドア 850ml LIVE IN NATURE AFTM8-A
買ってすぐに使える、シーズニング不要 アルマイト加工により洗って乾かすだけでお手入れ簡単 持ち手はPVCコーティングにより滑りにくく熱の伝わりを軽減 丈夫で熱伝導の優れたアルミ製メスティン 可動式ハンドルで収納時はコンパクトに 飯ごう炊飯、焼く、蒸す、煮るまでのクッキングレシピ付 アウトドア、キャンプで活躍

そして弁当箱にありがちな余計な角がなくて洗いやすいし、取っ手部分も外す事ができます。

メスティン
メスティン

この取っ手は、直火調理などのメスティン本来の使い方をする時に使うものですが、

取っ手が付いているとあまりにもメスティンメスティンし過ぎているので、普段はお弁当箱として使っている僕は取っ手は外しています。邪魔だしw

メスティンの魅力2 「洗いやすい」

余計な角が無くて洗いやすい事はすでに書きましたが、メスティンはアルミ製なので油汚れが落ちやすい事も大きな魅力の一つです。

プラスチック製のお弁当箱だと、一度スポンジで綺麗に洗ったつもりでも、水ですすいでみると

「は?これ洗ったよな?」「夢か?」←誰もそんな夢見ない。

って自分を疑うほどまだ油がヌルヌルしてる事がありますが、アルミ製の場合はそんな事はありません。

油落ちが良いです!ストレスフリーです◎

メスティンの魅力3 「冷ましやすい」

メスティンはアルミ製なので熱伝導が良く、冷ますのが容易です。

お弁当は熱いまま包むと傷む可能性が高まるので、冷まさないと包む事ができませんが、

朝お弁当を作るタイミングが少し遅れたり、作るのに時間がかかっちゃうと冷ます時間が無くて困りますよね!

でもアルミ製のメスティンなら比較的早く冷ます事ができます。

メスティン

↑の写真の様に、僕は急いで冷ましたい場合はアイス枕に乗せて冷ましています。

先ほど書いた「熱伝導が良い」というのは、熱の移動が早いという意味で、お弁当の熱がアイス枕に移動し、アイス枕の低温がお弁当箱に伝わりやすいという事で、結果的に冷めるのが早いです。

これは驚きの新発見でした◎

メスティンの魅力4 「タフで壊れる気がしない」

このメスティンは、1年以上ほぼ毎日お弁当箱として使っており、その間に2度キャンプに持って行き、そしてキャンプではガンガン直火でも調理しましたが、何の変色も変形もありません!

作りがシンプルでつなぎ目がないのでかなり丈夫です。いつまでも使えそうな気がします。

マジで壊れる気がしないww

スケーター社のメスティンは、

デザインが良い、洗いやすい、お弁当を冷ましやすい、丈夫。

この4つの長所は毎日使う物としてはかなり優秀で魅力的だと思いますが、欠点ももちろんあるので紹介しておきます。

メスティンの欠点 

僕が思うメスティンの欠点は3つあります。

1つ目は、電子レンジで温める事ができない点です。電子レンジでアルミ製のものを温めようとすると、火花が散って危険です。

2つ目は、食洗機、食器乾燥機は使用不可です。

3つ目は、蓋にパッキンがないこと。

メスティンは調理可能なアウトドアグッズなので、熱に弱いゴムなどのパッキン類は付属されておりません。なので、お弁当をひっくり返したりすると汁漏れの可能性があります。

くれぐれもリュックにお弁当を入れた状態でのバク転、側転、前方倒立回転跳びなどのアクロバットはお控えください。

ただ、3つの欠点があっても僕はまったく不便を感じていないので、僕にとっては欠点でもなんでもないです。

というのも、僕はお弁当は常温でもまったく気にならないし、

洗う時は食洗機を使わなくてもスポンジで簡単に綺麗になるし、

リュックにお弁当を入れた状態でのバク転、側転、前方倒立回転跳びなどのアクロバットなんてした事もないし元々できないからです涙。←なんの話

メスティンを一年間使いましたが、汁漏れは一度もありません◎

スケーター メスティン シーズニング不要 飯盒 飯ごう アウトドア 850ml LIVE IN NATURE AFTM8-A
買ってすぐに使える、シーズニング不要 アルマイト加工により洗って乾かすだけでお手入れ簡単 持ち手はPVCコーティングにより滑りにくく熱の伝わりを軽減 丈夫で熱伝導の優れたアルミ製メスティン 可動式ハンドルで収納時はコンパクトに 飯ごう炊飯、焼く、蒸す、煮るまでのクッキングレシピ付 アウトドア、キャンプで活躍

メスティンはアウトドアにも重宝!

「アウトドアにも」と書きましたが、メスティンはアウトドアグッズなので野外でこそ本領発揮します。こちら。

メスティン
茄子とたっぷりチーズのパルミジャーナ なかなかハードな使い方しとるw
メスティン
塩気と香りがたまらない!ホクホクのアンチョビポテト

直火OKです!

ある程度深さがあるので、鍋やフライパンのような使い方ができるので使用範囲は広いです◎

このほか、揚げ物だってできるし、飯ごうと同じようにホカホカのご飯も炊けます。

最高すぎんか!!!(声高)

おわりに。

というわけで、僕が愛用しているスケーター メスティン 850ml LIVE IN NATUREの紹介でした。

毎日のお弁当に、休日のアウトドアにと、活躍の幅が広い丈夫なメスティンを、ぜひご検討ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スケーター メスティン シーズニング不要 飯盒 飯ごう アウトドア 850ml LIVE IN NATURE AFTM8-A
買ってすぐに使える、シーズニング不要 アルマイト加工により洗って乾かすだけでお手入れ簡単 持ち手はPVCコーティングにより滑りにくく熱の伝わりを軽減 丈夫で熱伝導の優れたアルミ製メスティン 可動式ハンドルで収納時はコンパクトに 飯ごう炊飯、焼く、蒸す、煮るまでのクッキングレシピ付 アウトドア、キャンプで活躍

コメント

タイトルとURLをコピーしました